会社都合休業で知っておきたい○○とは?

おはようございます、山梨県南巨摩郡身延町の
社会保険労務士法人シャインの代表社員、中村です。

コロナウイルスはまだ見通しが立ちません。
大きな経済対策も打たれる見通しとのことなので、
現状が一刻も早く良くなることを期待するばかりです。

【会社都合休業とは?】

今回のコロナウイルス関係でも相談が多い、
「社員の家族に疑いがある場合は?」
「出社してもらっては困る」という状況。

この場合、本人が健常で働ける状況である以上、
休んでもらう場合は「会社都合」となり、
休業手当の支払いが生じることになります。

厚生労働省 
『会社の都合で仕事を休まされている。
 休んでいる分の補償はないのか。』
https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyunhou_26.html

上記ページにもあるように、社員が働ける状態にありながら、
会社の都合で休ませる場合が、これにあたります。

これは会社が勝手に休業を取らせることができれば、
日々の賃金に影響が出てしまうため、
それを補償するというところがポイントです。

【平均賃金とは?】
こうした休業関係でよく出てくるのが「平均賃金」。
「6割」という言葉が先に出てきてしまうので、
通常の賃金に6掛けしてしまうのとは違います。

厚生労働省 平均賃金の計算
https://jsite.mhlw.go.jp/osaka-roudoukyoku/var/rev0/0109/4772/280823-1.pdf

上記ページに色々まとまっているので、
基本はそれを参考にするのがよいですが、
平均賃金の算出は下記の算式によります。

『平均賃金を算定すべき事由の発生した日以前
 3カ月間に、その労働者に対し支払われた
 賃金の総額を、その期間の総日数で除した金額』

具体的には…
過去3カ月(例えば12~2月(うるう年))の支払いが、
月額20万円であれば、下記の計算です。

(20万円×3)÷(31日+31日+29日)
≒6,593円41銭

1日の平均賃金は6,593円となりますので、
この6割の3,956円が平均賃金の6割となります。

これ以上の額を支払っていれば、当然、
労基法上は問題となりません。

—————————————————
★編集後記
—————————————————
あまり使わないようで、結構重要な平均賃金。
是非、この機会に覚えて頂ければと思います。

※本記事の記載内容は、公開当時の
 法令・情報等に基づいています。

≪免責事項≫
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を
払っていますが、その内容について保証するもの
ではありません。本ウェブサイトの使用ならびに
閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。